「相続放棄」 相続手続きワード解説 | 吉祥寺の相続手続きはむさしの遺言相続手続きセンター

相続放棄 (そうぞくほうき)


相続人が被相続人の財産及び債務について一切の財産を受け入れないことを「相続放棄」といいます。
例えば、被相続人のマイナス財産がプラス財産よりも多い場合に「相続放棄」をすることによって負担を免れることができます。
これで借金を負担しなくて済みます。
これには家庭裁判所に申し出ることが必要です。


【関連情報】
借金を相続しないためには



相続手続きワード解説

ここでは、相続の手続きに関連して出てくるキーワードの解説をしています。
わからない用語がありましたら、クリックして詳細をご覧ください。


遺産分割協議 相続基礎控除 納税義務者
遺留分の減殺請求 相続財産 納税資金
過少申告加算税 相続税の延滞税 配偶者の税額軽減
限定承認 相続税の加算税 法定相続
公正証書遺言 相続税の年賦延納 法定相続人
自筆証書遺言 相続税の物納 法定相続人比例控除
死亡届 相続人調査 未成年者控除
障害者控除 相続放棄 みなし相続財産
所得税準確定申告 贈与税 無申告加算税
生前贈与 単純相続 名義変更

相続税無料ガイドブック   相続税無料相談

遺言書・相続手続き・相続税無料相談お問い合わせはこちらから

お気軽にお問い合わせください/むさしの遺言相続手続きセンター

無料相談のお電話は0120-380-370
相続の無料相談はむさしの遺言相続手続きセンターへ
トップページへ

手続も名義変更、相続税申告も任せて安心納得!むさしの遺言相続手続きセンターへ

普通の家ほど相続でもめる!?その理由とは?

相続まるわかりガイド(小冊子)の無料請求はこちら!

相続手続サポート料金 ●相続税サポート料金

お客様の声 ●事務所案内 ●所員紹介 ●アクセス

当サイト を お気に入りに追加する